シークワーサーなら沖縄農園|ニュースブログ
トップページ > ブログのトップページ

ゴーヤー絞ってますッ!

4月に入り、沖縄でも太陽が高く上がり、日に日に日差しの強さが増してきました。

日中は25度を越える勢いで、そろそろ本格的な夏到来といった感じでございます。

沖縄農園では、沖縄県産ゴーヤーの搾汁作業が始まりました。

沖縄県内各地で栽培されているゴーヤーですが、主な生産地は沖縄本島南部地域の糸満市です。

 

この時期のゴーヤーは、ハウス栽培で育てられたものになりますが、

ゴーヤーの持つ苦味そのものは全く変わりはありません。

イボイボ・ゴツゴツとした実を、1個ずつ丁寧に洗浄し、半分に切り、さらには種を含んだワタの部分を手作業で取り除いていきます。

ゴーヤーのワタ取りに最適なのは、「銀スプーン」

これが最も効率的に、なおかつ実を傷つけずにワタを取り除ける「必須アイテム」

イボイボとしているため、作業をつづけていると握力がなくなりますが、この作業に時間を掛けることで、美味しいゴーヤージュースに仕上がります。

余分なものを取り除いた後のゴーヤーは、ジューサーにかけて絞ります。

手間を惜しまず、丁寧な作業で、沖縄農園の「トロピカルドリンクゴーヤー550ml」は製造されています。

特有の苦味は「モモデルシン」と呼ばれる有効成分です。

沖縄農園スタッフ : 2008年04月17日

沖縄農園・直売所のご案内

沖縄農園の商品たちが並んだ直売所入り口です。赤い看板を目印にお越しくださいませ。 

株式会社沖縄農園では、工場事務所内に当社商品がお買い求めいただける“直売所”がございます。実際ご覧いただいて、商品をお選びできますので、お近くにお住まいの方、また沖縄にお越しの際は、是非お立ち寄りくださいませ。また、1月後半からはたんかんが、7月中旬頃にはマンゴーやパイナップル、9月ごろは青切りシークヮーサーなどの青果物に関しても取扱いしております。

このページをご覧いただいてご来店頂きましたお客様には、特別プレゼントをご用意しておりますので、販売員にお声を掛けてくださいませ。

沖縄農園直売所
【営業時間】AM9:30〜PM17:30まで(日曜・祝日休み)
【取扱商品】株式会社沖縄農園商品、およびホームページ掲載商品(一部店頭においてないものもございます)、石垣島のラー油、酒類、季節のくだもの
※沖縄農園商品に関しましては、作りたて・出来立てのものから販売しております。
※取扱い商品の有無や青果物の入荷日につきましては、電話098-877-8482までお問い合わせください。

国道58号那覇向け、牧港高架橋近く。弐萬円堂(眼鏡屋さん)と共同駐車場です。

⇒場所はこちら

沖縄農園スタッフ : 2008年01月18日

今期、シークヮーサー果実入荷ッです!!!!!

沖縄農園では、10月11日(木曜日)より、名護市より『シークヮーサー果実』が入荷しました。

ひとかご20kg入りのシークヮーサーがたぁーーーーーくさんでございます。

自社工場内で洗浄・搾汁をしておりますので、会社全体シークヮーサーの香りに包まれます。

シークヮーサーの香りはとても爽やかで、気持ちが落ちつくので、仕事の効率もアップッ!

沖縄農園のシークヮーサー搾汁作業は、1ヶ月ほど続きます。

沖縄農園スタッフ : 2007年10月15日

沖縄県シークヮーサー加工事業共同組合設立

去る2007年2月6日に沖縄県シークヮーサー加工事業共同組合が設立総会が開催され無事
組合の設立が16の加工業者、農業生産組合、などの参加で承認されました。
沖縄県の古くから自生してきたシークヮーサーは沖縄で酢の物用や飲料用として親しまれていました、そして含有される成分が健康によいものとされ近年広く愛用されてきています。栽培農家の意欲も向上してきていることは大変よい傾向にあります。しかしながら、過当競争から輸入代替品なども出回るなど誤認や競争による弊害などもあり生産農家や加工業者の連携が求められていました。沖縄産シークヮーサーの良さを守り発展させ多くの人に愛されるよう品質や価格の安定、情報の統一的な発信、アピールなどを共同で行う
ことができるようになることでしょう。
今後、地域ブランドの確立や農家との連携、シークヮーサーの栽培加工技術の向上など取り組むことが期待されています。
kumiai-1.jpg

沖縄農園スタッフ : 2007年02月08日

今期シークヮーサー搾汁開始

今期のシークヮーサーの加工搾汁が今日から開始します。前日沖縄県名護市勝山地区農家からの摘みたてが沖縄農園シークヮーサー加工場に持ち込まれました。今期は裏年ということもあり、また、前半のカメ虫の被害などもあり昨年の半分程度県内で1200トンの収穫見込みとのことです、価格も高止まりです。その分シークヮーサーの実は大きくしっかりと味もよく、りっぱなジュースになること間違いありませんね。今期初搾り開始です。
2006年10月19日
06.jpg

沖縄農園スタッフ : 2006年10月19日

直営農場シークヮーサー収穫

今期のシークヮーサーのジュース用が収穫始まりました、今期は沖縄農園の主産地の名護市勝山地区をはじめ各産地での減収が報告されています。
昨年の6割程度の生産といわれていますが、産地では刺身用の青切りの出荷に追われて忙しくしていましたがこれも終わり、いよいよジュース加工用の収穫が始まります、一部地域ではすでに出荷が行われているとのことです。
沖縄農園では直営農場で早々にはじめています。
060930syuukaku1.jpg

沖縄農園スタッフ : 2006年10月05日

青切りシークヮーサー

aogiri-1.jpg

青切シークヮーサーのNEWSが、新聞の話題のひとつとしてこの時期提供されています。
そろそろ収穫時期が来たのかなと思います。
わが社のシークヮーサー農場でも、青切りで出荷できるものがあるので
直営店での販売を開始します。

aogiri-3.jpg

予定では8月20日ごろからです。
直販部やインターネットでの販売は、収穫が本格化する9月下旬の予定です。
今年は産地でカメ虫の発生が伝えられており、
シークヮーサーの減収量になる恐れがあるとの情報が寄せられています。
心配ですね。

kamemusi-1.jpg
カメ虫 実の汁を吸い落果させてしまう

kametamago2.jpg
カメ虫の卵

kamekodomo.jpg
カメ虫の幼虫たち


沖縄農園でも対策するにしても、農薬を使用するわけにもいきません。
これまでは捕殺かカメ虫の卵を見つけ次第除去することしかありませんので、何かいい方法はないかと農家と情報交換の中ででたのが台所用食器野菜洗剤を薄めてカメ虫に直接噴霧することがいいということでしたので早速行なってみました。
なるほど!!!
確かに効きました。
ピンポイント噴霧し泡で包んで2分ほどで動かなくなります。

しかし、そこは単なる洗剤を使用するというのはひねりがないので、沖縄生まれのEM洗剤ではどうかとためしてみました。EM洗剤は、ヤシ油とEM発酵液などを主原料に界面活性剤などを使わない中性洗剤です。環境にもやさしいなど我が家でも日常使用しています。確かゴキブリにも効果がある。
これは以前家庭で試しました、ただし希釈度が違いますが・・・
洗剤の膜が虫の気門、呼吸器官を覆い効果があるとも聞いています。
後は雨水などであらいおとしてくれますね。

沖縄農園スタッフ : 2006年08月24日