シークワーサーなら沖縄農園|ニュースブログ
トップページ > ブログのトップページ > 沖縄県シークヮーサー加工事業共同組合設立

沖縄県シークヮーサー加工事業共同組合設立

去る2007年2月6日に沖縄県シークヮーサー加工事業共同組合が設立総会が開催され無事
組合の設立が16の加工業者、農業生産組合、などの参加で承認されました。
沖縄県の古くから自生してきたシークヮーサーは沖縄で酢の物用や飲料用として親しまれていました、そして含有される成分が健康によいものとされ近年広く愛用されてきています。栽培農家の意欲も向上してきていることは大変よい傾向にあります。しかしながら、過当競争から輸入代替品なども出回るなど誤認や競争による弊害などもあり生産農家や加工業者の連携が求められていました。沖縄産シークヮーサーの良さを守り発展させ多くの人に愛されるよう品質や価格の安定、情報の統一的な発信、アピールなどを共同で行う
ことができるようになることでしょう。
今後、地域ブランドの確立や農家との連携、シークヮーサーの栽培加工技術の向上など取り組むことが期待されています。
kumiai-1.jpg

沖縄農園スタッフ : 2007年02月08日