熱帯果樹図鑑 > カニステル

カニステル

アカテツ科 原産地:熱帯アメリカ
 常緑の小高木で、葉は細長く江田の先のほうに密生し、花は小さい淡緑色で若い枝葉のわきに多数つけます。春から夏に開花して、果実は翌年の3月頃に成熟します。耐潮性・耐風性を持ち、丈夫な性状で、土壌も選ばず生育します。種子を蒔いてから4年で結実します。
 カニステルは十分に色づいた果実を収穫し、充分に追熟させてから食べます。ほくほくとした焼きいもやかぼちゃのような味わいです。沖縄県では、近年栽培農家が増えており、地元の物産センターなどで販売しています。