熱帯果樹図鑑 > フェイジョア

フェイジョア

フトモモ科 原産地:南米

 常緑低木で、枝は根元近くから多く分岐しています。葉はだ円形で葉裏は銀白色、花は3〜4月に咲き、白色で肉厚なのが特徴です。半熱帯性の植物のため、比較的寒さに強く、土質を選ばす生育するため、栽培が容易ですが、接木で5年と成長が若干遅いです。
 球状の果実は熟すると自然と落ちますが、早めに採って追熟させてから食べると美味しいです。バナナとマンゴーとパイナップルとイチゴをミックスさせたような味で粘り気があって舌触りがよく、甘味が強いです。ビタミンA・Cを多く多く含んでいます。