セール特集 > 厚生労働大臣賞受賞〜古酒泡盛酒ケーキ〜

厚生労働大臣賞受賞〜古酒泡盛酒ケーキ〜

酒ケーキ

古酒泡盛酒ケーキ
古酒泡盛酒ケーキ

内容量:1本
賞味期限:90日間
( 商品番号:000013 )

1,296円(税込)


詳細はこちら



沖縄農園では、この度、日本商工会会議所と全国観光土産品連盟が開催している
平成17年度、第46回全国推奨観光土産審査会 にて、
約1000点以上の観光土産品の中から栄えある厚生大臣賞を、
『古酒泡盛酒ケーキ330g』が受賞いたしました。

全国のみやげ品の中のもっとも優れた商品として、
沖縄県内では初の厚生労働大臣賞受賞となりました。

古酒泡盛酒ケーキを作り始めて15年の歳月が経とうとしているなか、
たくさんの皆様のご指示をいただいた結果、
このような素晴しい賞をいただくこととなり、社員一同大変感激しております。

今回は、このページを使って、受賞記念特別セットのお知らせと、
酒ケーキの誕生秘話、製造工程などをお届けいたします。

酒ケーキ

古酒泡盛酒ケーキ 誕生秘話

私共の“古酒泡盛酒ケーキ”が誕生するきっかけは、
今から20年前、沖縄農園を創業する以前、私(代表取締役社長:具志堅正秀)が関連会社で
ベーカリー勤務をしていた時期になります。

その当時、「ブランデーケーキ」が
いろいろなケーキやパン屋さんなどで販売されるようになり、
とても人気がありました。

そこで、私のところでもお酒を使ったケーキを作ろうと、
洋菓子の先生をお呼びして教わることになりました。

先生とともに、私共が作り上げたのは、
これまでの“ブランデーケーキ”とは違って、
生地の形が長型で卵をたっぷり使用して軽めに焼き上げてから、
ブランデーのシロップをつけるという製法でした。

ブランデーのほか、ウイスキーのシロップなども試したりしました。
その後、ベーカリーを卒業(退社)し、沖縄農園を設立しました。

設立当初は、トロピカルフルーツ(熱帯果実)を使った
ゼリーやジャムを製造していました。

私共の商品は沖縄らしい食材を使用していて珍しかったので、
沖縄の方が内地に送る贈答品として購入されたり、
また観光用で購入される方が多く、お土産品店に卸したりしていました。

そんな中、新しい商材で、斬新で、沖縄らしいものはないかと
想いをめぐらしていたとき、ふと、
ベーカリー勤務の時に教わった“ブランデーケーキ”を思い出しました。

それと同時に、沖縄ではドライフルーツを漬け込むのにラム酒ではなく、
泡盛で代用していることにひらめきました。

私はこの2つのアイデアをもとにして、
ベーカリー時代の仲間に頼み、泡盛ケーキを試作し始めました。

ベーカリー時代に教わった先生のふわふわの卵をたっぷりと使った
生地配合をベースにして、沖縄の数多くある酒蔵所の泡盛と
シロップをブレンドし、試作を繰り返しました。

泡盛といっても、度数や貯蔵する年数で味が変わり、
種々様々あるので、酔っ払いそうになりながらも試作と試食を続けました。

そこで出来上がったのが、古酒43度・3年ものの泡盛が
ふわふわの卵生地にピッタリと合うということにいきつきました。

以外に、希少価値が高まる古酒(3年以上寝かせたものを指し、
方言ではクースと呼ばれます)の5年ものや10年もの、
あるいは15年ものは、ケーキ生地とマッチしないという
面白い研究、発見したことを覚えています。

古酒泡盛酒ケーキってどんなふうに作ってるの?

型入れ・・・「デポジッター」という機械を用いて、ケーキの重量分を空気で注入する
焼き上げ・・・180度のオーブンにて30分加熱
冷却・・・粗熱を取る
泡盛シロップづけ・・・手作業にて、泡盛1対シロップ1でブレンドし、手作業にて泡盛シロップを塗り、で包む
脱気・・・美味しくいただけるように、脱酸素剤を袋に入れ、袋を閉める
包装・・・手作業にて、箱入れ、包装を行なう

お客様の声

愛媛県:Y・Mさま
沖縄の慰安旅行の際に、はじめて泡盛を飲みました。今までに飲んだことのない味わいに、男8人でボトルを4本ほど開けてしまったほどです。きっと沖縄の方でしたら「これくらいなんの」って言われそうですが、自分たちとしては、いつも以上に飲んだ気がします。その翌日、わしたショップに行き、そこで泡盛酒ケーキを見つけました。泡盛を飲んでいるという感覚ではなく、味を感じるっていったほうがいいと思います。酒好きの親戚一同に送りましたが、とても喜んでくれました。よかった。

福岡県:K・Cさま
ここ2年ほど、沖縄に遊びに行くことが出来ず、沖縄が恋しく感じてました。せめてネットででも、なにか沖縄っぽいものはないかと探していて、酒ケーキに出会いました。泡盛は余り飲めない私だけど、これだったら、ケーキに使った泡盛っていう感じなので、美味しく頂けました。大人のスイーツっていう趣向ですね。

神奈川県:T・Iさま
変わったスイーツを探していて、お友達に紹介されました。古酒泡盛酒ケーキは、泡盛独特の匂いが私にとっては、クセになりました。

沖縄県:Y・Tさま
本土に出掛けるときに、いつも購入しています。どこに持っていっても、美味しいといってもらい、私もあげた甲斐があると思っています。喜んでいただけると、自分が作ったかのように嬉しい気分になります。

岐阜県:N・Aさま
結婚式の引き出物でもらいました。出会いが沖縄だったそうで、思い出深い沖縄のお菓子を使いたかったと後で聞きました。『おじさん、冷やして食べると美味しいよ』と、アドバイスを受け、冷蔵庫で1時間ほど冷やして、みんなで食べました。ひんやりとした冷たさが、泡盛のいい意味での酒臭い匂いが家中ひろまり、非常においしく食べました。


メディア掲載歴



  • 沖縄県紅茶読本:メディアプレス沖縄 2005発行

  • 九州の逸品100選 発行:月刊はかた編集室 発売:海鳥社

  • グランマガサン 2005初夏6月号 発行:日之出出版

  • オレンジページ うちで楽しむ沖縄の元気料理 2004.6月 /発行:オレンジページ

その他、フリーペーパや旅行パンフレットなどに掲載されました。

受賞歴

平成17年度、第46回全国推奨観光土産審査会 厚生大臣賞 全国菓子大博覧会・第23回岩手菓子博にて、栄誉大賞を受賞しました。

沖縄県優良県産品に推奨されています。


全国推奨観光土産審査会とは。。。


日本商工会会議所と全国観光土産品連盟が開催をしています。

全国から1000点余りが出品し、審査会に出品された商品が、
観光土産品公正競争規約に定められた必要表示事項など
遵守すべき基準をクリアしていると認められ、
かつ価格が適正であるなど、土産品としてふさわしい商品を
『全国推奨観光土産品』として推奨しています。

厚生労働大臣賞、農林水産大臣賞、経済産業大臣賞、国土交通大臣賞の大臣賞や
日本商工会議所会頭賞などの入賞品を決定しています。


沖縄農園 喜びの声


現在“古酒泡盛酒ケーキ”は、沖縄農園全体のNo.1の販売実績を誇り、
沖縄らしい面白さと琉球王朝時代から続く泡盛を使った商品として
県内外から高く評価され、今もつづくロングセラーとなっています。

これまで、『全国菓子大博覧会・第23回岩手菓子博』にて栄誉大賞をいただいたり、
沖縄県優良県産品に推奨されるなど、受賞歴がございます。

またメディアでの掲載も多く、
今回『平成17年度、第46回全国推奨観光土産審査会』にて、
約1000点もの観光土産品が出品される中、厚生労働大臣賞を受賞することが出来ました。

先日、当時の仲間とパーティの席で、
「平成17年度の第46回全国推奨観光土産審査会で、1位の厚生労働大臣賞を受賞した」と告げたら、
大変に喜んでもらい、祝杯をあげました。

もちろん泡盛でね。

【代表取締役社長:具志堅正秀】


沖縄農園で製造している商品たちを子供だとしたら、
古酒泡盛酒ケーキは、しっかり者で、
頼りがいがある“長女”というのがピッタリ当てはまります。

どんなときも、安定した面持ちで、
両親である沖縄農園を引っ張ってくれているからです。

そういう意味でも、今回の
『平成17年度、第46回全国推奨観光土産審査会』厚生労働大臣賞受賞にあたって、
ちゃんと見ていてくれていると誇らしい気持ちとともに、
おかげさまでここまで育ってくれた!という感謝の気持ちでいっぱいです。

【代表取締役専務:具志堅栄】


自分が入社したときから、古酒泡盛酒ケーキは沖縄農園の中で、光り輝く存在でした。
すべての商品に言えることですが、これからも品質向上に努め、
衛生面に注意を心がけて作り続けていきたいと思います。

泡盛の奥深い味わいがわかる“大人の方々”に、食べて頂きたいですね。

【工場長:又吉正和】


私が焼き上げている“古酒泡盛酒ケーキ”が、
こんなにも素晴しい賞を取ることが出来、とても感激しています。
これからも、事故がないよう充分に気をつけて、
皆様に愛される“古酒泡盛酒ケーキ”を作り続けて生きたいと思っています。

【焼き菓子担当:金城一夫】


今回の『平成17年度、第46回全国推奨観光土産審査会』で、
厚生労働大臣賞受賞のファックスを受け取ったのは、この私なんです。

お昼を過ぎて“ニーブイ(眠気がでること)”しているときにだったので、
非常にビックリして眠気が吹っ飛んだほどでした。

私は入社6年目ですが、酒ケーキの人気度の高さを、
お客様からの声の多さから感じておりました。

受賞を機に、これまで以上のたくさんの方々に食べて頂きたいとおもいます。

そして皆が笑顔で、「あれ、美味しかったね」といわれる、
“古酒泡盛酒ケーキ”に、していきたいと思っています。

【ネット担当:石嶋香諸理】