ジャム > 《終売》沖縄コンフィチュール/パインバナナ

《終売》沖縄コンフィチュール/パインバナナ

《終売》confitureパインバナナ

内容量:90g
(商品番号:000151)

こちらの商品は、完売いたしました。

【販売終了】

パイナップルが持つ香り豊かな甘酸っぱさと、バナナのとろーりとした食感が融合した一品。コンフィチュールならではの、果物の味わいを引き出した、新しい感覚をお楽しみください。


素材そのものの甘みや香りが広がる「コンフィチュール」!!!

コンフィチュールとは

コンフィチュールとは、フランスの南プロヴァンス地方(南仏ですね)で、いろいろな果実を組み合わせて煮込んでつくるジャムのようなものを、「コンフィチュール」と言うそうです。
「コンフィチュール」は、素材の持つ甘みや香りを活かしつつ、食感が楽しめるように、ゴロゴロと大きい状態で煮詰めているのが特徴です。また、ジャムより若干ゆるめで、やわらかく優しい感じがします。

沖縄農園では、これまで数々のジャムをご提案してきましたが、沖縄の素材を使った「コンフィチュール」は作れないものかと試行錯誤を繰り返してきました。

製造担当者から運ばれてくる試作品を、社員全員で「あーでもない、こーでもない」と意見を出し合い、改良を繰り返し、約6ヶ月間の時間を経て、
“パインバナナ”
“パパイヤパイン”
“タンカンアップル”
の3種類が出来上がりました。

沖縄らしい果物とリンゴやバナナをあわせることで、酸味が強いトロピカルフルーツがまろやかな、優しい味わいに仕上がりました。
今回、それぞれの持ち味をコラボレーションするところに、コンフィチュールとしての特徴があります。

製造担当者より

みなさん、こんにちは。コンフィチュールを製造しております下地(しもじ)と申します。

コンフィチュール作りは、まずは素材の組み合わせからはじめました。
コンフィチュールは素材が持つ水分量だけを使って仕上げる為、どの果物が合うんだろうと、工場長:又吉(またよし)とともに、テスト、テストを繰り返しました。
果物が決まっても、今度は、どの組み合わせがいいのか、テストテスト。。。
さらにゴロゴロとした食感を出す為に、食材の切り方など、いろいろと試行錯誤を繰り返し、ようやく皆様にご紹介できるようになりました。

私が手塩をかけて作りました「沖縄コンフィチュール」を是非食べて頂きたいです。

  • 太陽の恵みを充分に浴びた沖縄産のフルーツと、私たちの生活で、身近で、親しみやすいフルーツをたっぷり使いブレンドすることで、濃厚で高級感のあるコンフィチュールに仕上げました。
  • 3アイテムとも(果肉分+果汁分)という、絶妙な組み合わせで、食感を出すためにバランス良く配合しました。
  • 素材が持つ水分量だけを使用しているため、粒状の果肉分を焦がさぬよう細心の注意を払いました。
  • ボトルに充填するときは、果肉分と果汁分を均等にするために1カップづつかき混ぜながら入れるようにしました。

食べ方

食べ方は皆様のアレンジ次第です♪

・焼肉のソースとして
・サラダのドレッシングの隠し味に
・紅茶の香り付け等
いろいろお楽しみください。
定番のパンやヨーグルト、クラッカーやケーキのソース代わりに、お料理のアクセントとしても、お使いいただけます。おためしあれ♪

お客様の声『パインバナナ』編!

お客様の声『パパイヤパイン』編!

お客様の声『タンカンアップル』編!!